2010年07月21日

水と肌

水と肌




水と肌の関係について少し書いてみたいと思います。
最近肌のケアに気をつけているので!




年齢とともに肌はカサカサしやすくなり
たるみやシワも増えてきます。
赤ちゃんと私達を見比べると分かりやすいですよね。
赤ちゃんは潤ってスベスベな肌をしています。




水分量が私達成人より20%ほど多いのです。
そう考えると水は大事ってことが納得できます。




肌のカサカサやシワを防ぐには
皮下組織の潤いが重要になってきます。
皮下組織は皮膚や皮膚の付属器官に栄養を運ぶ血管や
リンパ管の通り道でもあります。




毛細血管は皮下組織にある血管から枝分かれしています。
毛細血管から染み出た血漿成分がリンパ液になり
血管や表皮に栄養を与え、また老廃物を受け取り
血管やリンパ管に戻ってきます。
この流れを良くすることが肌にとっては重要なのです。





現代人はこの流れが悪いと言われています。
前の記事にも書いた通りです。





血液やリンパ液は多くは、水でできているので
体にとって良い水を十分に採ることで流れを良くできるのです。
流れが良くなれば、老廃物や毒素も排泄できるので
肌にとっては重要ですね!!




水だけでも効果はありますが、
適度な運動をすることでさらに効果が上がります。
これは、個人的な意見なのですが
運動量が少なすぎるのが問題だと思っています。




運動をしていれば、嫌でも水を補給します。
当然汗をかくので自然と摂取する量が増え
自然と排泄する量も増える。
結果、体の老廃物や毒素も自然と多く排泄される。
健康になる。
こう考えるとやはり運動は大事だと思うんです。




今回は水と肌のことなのでこの辺にしておきます。




水と肌は密接に関係しているんですね。
良い肌を手に入れるためには水は欠かせません。
水を採ることは健康な体を手にいれることにも繋がるので
やって損はないですね。










【日記の最新記事】
posted by kid at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水 一日に必要な量は?

水 一日に必要な量は?



体の活動維持のために欠かせない水
絶えず水を摂取し、排泄する循環が
大切になってきます。




じゃ一日に必要な水の量って?話なんですが、成人で2・5リットル
と言われています。




食べ物に含まれる水分も合わせての
量なので、実際に摂取する水の量は
1リットル前後になると思います。




また、年齢や性別、体質や体格の違い
が私達にはあるので、人それぞれ一日
に摂取する水の量は異なってきます。




大体ですが、体重60キロの人の場合
3リットル必要になっています。
これは私の体重で調べたものですので
参考にしてみてください。




水分が不足すると、血液が濃くなり
病気の原因になってしまうことがあるので
できるだけ摂取することを心がけたいですね。




ここで注意なのですが、
あまり水を摂取する生活をしていなかった方が
いきなり大量に一日に摂取する水の量を換えると
逆効果になるので徐々に慣らしていくことをおすすめします。




体にとって水は良いものです。
なんでも過剰の摂取は体に負担になります。
水の採りすぎは、むくみの原因になったり
下痢、倦怠感を引き起こす原因にもなりえます。
せっかく水を意識して行動を起こしたのに
こうなってしまってはもったいないです。





これから本格的な夏場なので水の摂取はしっかり行いたいですね。
適量に!!
















posted by kid at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

シミ 対策

シミ 対策





夏なのでシミ 対策を考えてみました。
若い頃は気にしないんですけど、歳を取ると気にするものなんですね。
今になって気づきます。





シミの一番の原因は何?


ほとんどは、紫外線によるもの。
紫外線を浴びると表皮の一番下にあるメラノサイトが刺激を受け、
肌の色を黒くするメラニン色素を作り出します。


通常、メラニン色素は細胞がダメージを受けないように、
ガードする働きがあるんです。
しかし、紫外線を大量に浴びてしまうと、
メラノサイトのまわりの角化細胞に突然変異が起こります。
そして、メラニン色素が作り続けられるのです。


これがシミの原因になると考えられています。


女性ホルモンのバランスが崩れてできるシミもあります。
他にもあり原因や種類はさまざまですが、
いずれの場合も紫外線の影響は大きく、対策が必要となります。





シミには種類があり、
自分のシミの種類を確認する必要があります。
間違った対策は逆効果になってしまうのです。





次回もう少し詳しく書きたいと思います。
シミ対策で重要なのはわかりきっていますが、
紫外線対策をとることなんですね!!
日焼け止めを塗る、帽子をかぶるなどの基本から始めてみましょう。




posted by kid at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。